BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
【屋根色番号】
【外壁塗料】
キクスイ 水系ファインコートフッ素
【外壁色番号】
KN026D
【その他工事内容】
シーリング打替え工事、スタイルシェード取付
エリア
群馬県 みどり市

今回施工する建物は、1階部分がタイル張りのお宅です。工事内容はシーリングの打替えと2階部分のサイディングの塗装と付帯部の塗装工事です。また、追加工事でリクシルのスタイルシェード(日よけ)の取り付けを行っていきます。

施工前のサイディングはチョーキング(白亜化)が発生していました。

板間目地のシーリングも真ん中から割れていて、無いに等しい状態でした。

サッシ周りの化粧板は褪色が目立ち、シーリングについては硬化不良が見られます。今回の塗装工事は上記の様な不具合の修正を行い、新築当時以上の耐久性を持った塗装工事を行なっていきます。

足場を架けていよいよ工事開始です。

サイディングの板間目地の古いシーリングをカッターを用いて綺麗に取り除いていきます。

シーリングを取り除いた後の写真です。古いシーリングが残らない様に丁寧にカットしています。

プライマ―を塗布してからシーリングを充填して均しを行っています。今回使用したシーリング材は30年耐候のオートンイクシードです。

化粧板のシーリングもサイディングと同様に処理を行なっています。

季節や気温によりますが、弊社ではおよそ5日~7日ほどシーリングを乾かした後で塗装工事を行なっています。

今回使用した外壁塗料は無機有機ハイブリッドフッ素です。耐候年数はメーカー発表値で18~22年です。シーリングの耐候年数も30年ですので、長期間お家を守ることが期待できます。

軒天や鼻隠し(破風板)の塗装も綺麗に仕上がっています

サッシ廻りの化粧板もご覧の通り、綺麗に復旧出来ました。

屋根の板金部分も褪色が進んでいましたので、錆止めを塗布してから2回塗りで仕上げていきます。

屋根板金部の仕上がり写真です。

大屋根の谷板金も同様に仕上げています。

バルコニーの床はFRP防水です。こちらも紫外線劣化により塗膜が傷んでいましたので、トップコートを行います。

バルコニーの床面にトップコートを行った後の写真です。新築当時のようにピカピカになっています。綺麗になることはもちろんですが、水はけや乾きも良くなるので大変おすすめです。

塗装後にリクシルのスタイルシェードを取付けました。夏場は窓に簾(すだれ)を取付けるお宅が多いですが、取り外しの面倒がなくて耐候性もあり、比較的安価で取り付けられるスタイルシェードはお勧めです。

足場を解体して塗装工事の完成です。塗装色については新築当時に合わせている為、ビフォーアフターの写真では違いが分かりにくいかも知れませんが、シーリングと塗膜性能は格段に向上しております。