BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
キクスイ SPパワーサーモSi(遮熱シリコン)
【屋根色番号】
コーヒーブラウン
【外壁塗料】
キクスイ ロイヤルシリコン
【外壁色番号】
メイン:KN040C アクセント:19-30B
【その他工事内容】
屋根板金交換、雨樋交換
エリア
群馬県 みどり市

施工前の屋根の状況です。褪色や汚れが見受けられます。

また、屋根板金においては経年劣化や台風などの影響により、浮き上がった状態でした。放って置くと強風などの影響で、隣家に飛んでしまう恐れもあることから早急に修繕が必要な状態です。

屋根板金を下から覗き込んでみましたが、ヌキ板が見えている状態です。板金を留めている釘が抜けた状態でした。浮いた状態のまま放置すると、この隙間に風が入り込んで板金を浮き上がらせてしまい、大変危険な状態です。

また、軒の樋も経年劣化と雪の影響により破損しています。今回は塗装工事のほかに、屋根板金の交換と雨樋の交換も同時に行っていきます。

足場を架けていよいよ工事開始です。

まずは大棟から外していきます。棟換気が付いた鉄製のカバーは下地補修してから塗装して再利用します。

棟を取り外すと鳥の巣が出てきました。頻繁にこの工事を行っておりますが、このような状態はよくある事です。塗装工事の機会にお家の状態の確認や、メンテナンスを行う事でお施主様はさらに安心できますね。

隅棟はGL鋼板を被せて修理完了です。

隅棟はヌキ板ごと交換します。

棟近くのスレート瓦がズレていたので、ついでに補修しました。

大棟は下地補修後に鉄製のカバーを復旧しました。

屋根の補修が完了です。

塗装工事の前にシーリングの工事を行います。

板間目地や開口部は打替えを行っています。

ベントキャップなどの雑部もシール補修していきます。

屋根の塗装状況です。遮熱シーラーを塗布しています。

中塗りと上塗りは遮熱のシリコン塗料で仕上げています。

棟鉄製のカバーもプライマ―を塗布してから・・・

中塗りと上塗りは遮熱のシリコン塗料で仕上げています。

外壁は高圧洗浄とシーリング工事を終えてから、丁寧に下塗りを行っていきます。

外壁中塗りの様子です。塗料はラジカル制御型シリコンのキクスイのロイヤルシリコンです。

外壁上塗りの様子です。塗料はラジカル制御型シリコンのキクスイのロイヤルシリコンです。

外壁の仕上がり状況です。

2階部分の柱にはアクセント色も入れて明るい雰囲気になりました。

1階部分も同様にアクセント色を入れています。

バルコニートップコート前の状況です。ドレン周りと壁際も汚れが溜まっています。

トップコート施工後の状況です。新築時と変わらぬ綺麗な状況ですね。