BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
【屋根色番号】
【外壁塗料】
キクスイ ロイヤルシリコン
【外壁色番号】
ニトコ19-60F
【その他工事内容】
シーリング工事、外壁補修、屋根補修、雨樋部分交換、笠木板金部分交換、ポリカ波板張替えなど多数
エリア
群馬県 伊勢崎市

まずは施工前の状況を確認していきましょう。外壁は全体的に汚れや褪色が目立ちます。

階段通路下の鉄部はサビが発生し、見た目も状態も悪くなっていました。

共用部分の外壁や玄関ドアの褪色も目立っています。

階段通路の鉄骨屋根部分もサビが発生しています。

笠木板金は雪の影響により凹んだ状態です。

サイディングや水切りなど釘の抜けが多数ありました。

出隅(コーナー部分)のクラック、シーリングの劣化も散見されます。

屋根についてはケラバ瓦のズレが全体的に見られます。

まずは屋根から直していきます。今後瓦がズレない様に下地からやり直していきます。

鳥が巣を作っていましたので、今後鳥が入らない様に漆喰で隙間を埋めてシールで補強も行っています。

以前は釘留めでしたが、今回はビス固定で強度を上げています。これで屋根の補強は完了です。

板間目地のシーリングは打替えで処理していす。

開口部のシーリングについては今回、増打ちで処理しています。

階段下の鉄部はケレン処理後、サビ止めをしっかりと塗布し、吹付にて仕上げています。

階段手すりも同様に下処理してから、ローラーと刷毛で丁寧に仕上げています。

笠木板金の破損箇所は板金を入れ直してから塗装で仕上げました。

サイディング部分はシーリングの打替えを行い、浮いていた釘の処理も行っております。また、サイディングが浮いている所はビスで補強してから塗装を行っています。

階段通路の屋根鉄骨部分も綺麗に仕上がりました。

ポリカ波板も新品に交換済みです。比較的強度が高い素材ですので、これで多少の雪でも安心です。

建物と同様にサビや褪色が目立ったガス庫も塗装していきます。

天板もサビが酷い状況でしたが、綺麗に仕上がりました。

ガス庫の仕上り状況です。

共用部分もご覧の通り大変綺麗になりました。

今回の塗装工事はオーナー様のご意向で、新築当時の様に復旧したいとの事でしたので、外壁色同様に玄関ドアなども新築当時のお色に再塗装しました。

雨樋も壊れた箇所を部分的に交換しています。これでしばらくはオーナー様もご入居者様も安心して快適にお過ごし頂けると思います。