BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
【屋根色番号】
【外壁塗料】
水谷ペイント㈱ ナノコンポジットW
【外壁色番号】
NC-12
【その他工事内容】
FRPトップコート
エリア
埼玉県 熊谷市

施工前の外壁の状況です。コケが生えて緑色になっています。今回のお宅はこの様な苔や汚れに対して効果が期待できる塗料、また建物は落ち着いた雰囲気をお出しになりたいとの要望がありましたので、水谷ペイントの「ナノコンポジットW」にて塗装を行います。

お庭の画像です。とても綺麗にされておりますが木製の塀が黒ズミ、汚れと劣化が気になるとお施主様からのお声がありました。また少し明るい雰囲気に変えたいとの事でしたので、今回は「キシラデコール コンゾラン」という塗料にて塗装を行います。

バルコニーの床の状況です。既存はFRP塗膜防水です。
築年数が浅いため、下地までは傷んでおりませんでしたが水はけが悪く、コケなどの汚れが発生しておりました。また表面に小ヒビが出てきておりましたので今回はFRPトップコートも行います。

施工前の外部点検の際に、サイディングの痛みを発見しました。塗装前はしっかりと補修を行います。

サッシ上部の角に穴が空いていました。コーキングが切れている状態です。今回の工事は板間目地、サッシ廻りは全てコーキングの打替え、換気フードなどの雑部は増し打ちするなどして、すべてのコーキング補修を行いました。

木製の塀塗装後の状況です。「キシラデコールコンゾラン」は従来の「キシラデコール」のように木部に浸透させる塗料と違い塗膜を付ける塗料です。木部の保護はもちろん、黒ずんだ木部でも塗膜を付けることが可能なので既存よりも多少明るいお色を選ぶことが可能です。(※既存の状態によりお色は限定されます)

コーキング施工後の状況です。塗装前にはよく乾燥させます。今回はオート化学の「オートンサイディングシーラント」にて施工しました。近年住宅メーカーにも採用されているネオウレタン素材です。硬化すると長期に渡りゴムのような弾力を保持します。

バルコニートップコート施工後の状況です。写真でも分かるくらいに光沢感が出ています。意外にも塗装後に一番綺麗になったと実感できる施工箇所です。弊社では下地状況が悪化する前にメンテナンスを行う事を、全てのお施主様にお勧めしています。

雨樋などの付帯部分も新築当時のきれいな状態に復旧しました。

外壁も落ち着いた3分艶の白色系のお色で綺麗に仕上がりました。建物北面などに発生するコケなども付着し難い仕様になっています。

多少お色は違いますが、門柱も「ナノコンポジットW」にて塗装しました。よくある黒ずみ汚れなどに対し効果が期待できます。