BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
水谷ペイント㈱ 水系ナノシリコン
【屋根色番号】
No.32 ミュンヘンブラウン
【外壁塗料】
水谷ペイント㈱ ナノコンポジットW
【外壁色番号】
NC-11
【その他工事内容】
防水工事(シート防水→FRP防水)、破風板金巻き工事
エリア
栃木県 足利市

施工前の屋根の状況です。乾式洋瓦ですがコケが大量に発生して、綺麗な屋根色を覆うような状況になっています。

塗装せずに放って置くと苔はますます繁殖して、さらには瓦表面の風化も懸念されます。

塗装後の屋根の状況です。塗装前は南欧風デザインの瓦でしたが、残念ながら再塗装ではこのような色合いは再現が不可能ですので、今回は単色塗装での仕上げです。

単色にはなってしまいましたが、お施主様がお選びになったお色は塗装前の雰囲気を損なわない、明るくて綺麗なお色ですね。

施工前、破風板の状態です。破風板の材料に用いられているのはケイカル板です。施工時に打ち付けられている釘の頭部分が目立ち、見栄えが悪い状態です。ケイカル板は基本的に軒天に使用されるもので、雨にあたる部分に使用しません。

塗装が必須のケイカル板です。塗膜が無くなると雨を吸ってしまうので、今回も弊社の付帯工事で人気のGL鋼板を巻きました。

この様な複雑な部分も加工して取付します。GL鋼板は加工性が良くてリフォーム工事には欠かせません。

玄関廻りの外壁と軒天の状況です。パターン付けされた仕上げなので埃などの汚れが溜まっておりました。

塗装後の状況です。軒天と外壁は綺麗に塗装されてとても良い佇まいです。

外壁は塗膜が付いたことにより塗装前ほどザラついた感じはなくなりました。またこの塗料は3分艶の設定ですので、艶有りの塗料と比べて落ち着いたマットな仕上がりになります。

今回使用した塗料は水谷ペイントのナノコンポジットWという塗料です。過去の施工実績にも掲載しておりますが、ナノコンポジットWという塗料はコケやカビ等の発生を抑える超低汚染性と耐久性を両立した無機系塗料です。軒の無い建物や軒の出が短い建物には特に効果的で、雨が降ったときにセルフクリーニングしてくれる優れた塗料です。

こちらのお宅は防水工事も行いました。既存がシート防水でしたが部分的に膨れが発生していた為、合板下地を貼ってFRP防水に変更しました。

ドレン周りの処理もきちんと行っています。これで漏水の懸念が無くなり、長期に渡り安心してお過ごしいただけると思います。

これですべての工事が完了です。