BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
【屋根色番号】
【外壁塗料】
【外壁色番号】
【その他工事内容】
エリア
みどり市

最初に外壁や屋根を高圧洗浄していきます。塗装する場所に汚れや傷があると塗装が剥がれやすくなるため、しっかりと汚れを落としていきます。

壁の端は、雨や風の影響をうけてヒビや塗装の剥がれが起きている場合が多いです。そのため、塗装前にひび割れなどの処理をしていきます。

塗りに入ります。まず、下塗りをしていきます。下塗りは塗装を塗りやすくしたり、塗装を長持ちさせるために接着度を上げたりします。下塗りをしないと劣化が早くなります。

中塗りをしています。中塗りは下塗りの強度をさらにあげたり、塗装の最後の色合いがよくなる役割を持っています。中塗りは見た目では分かりづらいですが、重要な役目を担っています。

最後に上塗りをしています。上塗りは、最後の仕上げになります。中塗りと合わせることで、塗装を長持ちさせることができます。見た目に関わる部分なので、ムラがでないよう丁寧に作業をしていきます。

屋根は、常に日にあたることになり錆や傷が起こりやすいです。錆は、塗装を剥がれやすくするため、錆の除去と錆防止剤を使用していきます。

屋根もどうように下塗りをしていきます。屋根はでこぼこしている部分もおおいので、そういう場合ははけなどを使って塗っていきます。

中塗りをしていきます。屋根は壁よりも見えづらい部分ですが、丁寧に作業をしないとすぐに劣化する部分でもあります。そのため、しっかりと細かい部分も塗っていきます。

上塗りをしていきます。最後は足跡が残らないように、梯子の周辺が終わりになるように端から塗っていくようにしていきます。

雨戸も同じようにまず錆をおとしていきます。雨戸も忘れがちですが錆や汚れは目立ちます。一緒にすることで、塗装全体の統一感がでます。

雨戸も錆が起こりやすい場所なので、錆止めをしっかりと塗っていきます。

中塗りです。雨戸などの細かい溝があるものはスプレーを使うことで、ムラが少なく塗ることができます。

ここでも上塗りをしてしっかりと塗装の耐久度を上げていきます。