BEFORE
AFTER
【屋根塗料】
【屋根色番号】
【外壁塗料】
【外壁色番号】
【その他工事内容】
エリア

高圧洗浄で表面の汚れを落として、塗装などをしやすい環境を整えていきます。

屋根の塗装を行う前に、まずは錆などを落として、さらに錆がつかないよう処理をして行きます。錆があると塗装が早く劣化してしまう原因にもなるので見逃さないように注意していきます。

コーキングを行います。建物のつなぎ目やひび割れなどを埋めていきます。ひび割れなどをそのままにしておくと、錆同様に塗装の劣化を速める原因になりますので塗装の前に作業を行います。

屋根の下塗りを行います。下塗りをすることで、壁と塗装との接着度をあげたりと塗装を長く保つために重要な作業です。これを怠ると、塗装がはがれやすい状況が生まれます。

屋根の中塗りを行います。下塗りで塗った部分の強度を上げる役割もあります。中塗りはムラが出ないように平均的に塗っていきます。

屋根の上塗りを行います。中塗りと含めてさらに塗装の強度を上げていきます。外観になるので、見た目としても綺麗になるように注意します。

外壁の下塗りを行います。下塗りは塗る場所によって塗装の種類を変えることでより効果が高くすることが可能です。プロの目でしっかりと確認します。

外壁の中塗りを行います。中塗りの塗装で強度を上げていきますが、ここで下塗りの色と変えることで塗り残しがないように確認もしていきます。

外壁の上塗りを行います。中塗りと同じ種類のものを使うことでより、耐久性をあげる効果があります。外観としてみても、綺麗になるよう仕上げていきます。

シャッターの塗装も行います。シャッターも基本的に同じですが、錆などが付きやすい素材が多いので、錆止めなどはより細かくやっていきます。

シャッターのようなでっぱりの周期が短い場合は、スプレーなどで噴射したほうが綺麗に仕上げることができます。

シャッターでも二度塗ることで、耐久性をあげることができます。外見にもより深みが増していきます。スプレーでムラがないように最後は仕上げを行います。