施工の流れ ●資格を持つ職人による丁寧な仕上げ。ご近所への配慮も忘れません。

1着工前挨拶

施工作業中は、ご近所の方に少なからずご迷惑をおかけします。そのため着工前にご近所の方へ挨拶に伺います。その際には工事の内容や期間についてや、環境面・安全面など不安を少し取り除けるよう入念に説明致します。

2仮設足場設置

外壁塗装をするにあたり、足場を設置する必要がります。これは作業を安全かつ効率的に行うためにはなくてはならないものです。専門の足場職人により、お客様、職人が怪我をするこのとない頑丈な足場を設置します。

3ケレン作業(下地調整)

ケレン作業とは鉄部のサビを落とすことや旧塗装の傷んだ部分を除去することです。この作業をするかしないかで、仕上がりの美しさだけでなく、新たに塗った塗装の寿命にも影響します。他社ではこのケレン作業を省略してしまうところもありますが、ペイントバランスではどんなに手間がかかる作業でも手抜きは一切しません。

4高圧洗浄

長年にわたり付着した汚れやコケ、藻、カビ、古い塗料を高圧洗浄ですべて洗い流します。この作業をしっかり行わないと塗装完了後に剥がれが出てしまったり、寿命にも大きく影響します。外壁全てを時間をかけ丁寧に洗浄していきます。

5養生(ようじょう)

塗装作業は塗料が周りに飛び散ることがあります。それを防ぐために、塗料がついては行けない場所をすべて、ビニールやテープなどで覆います(養生)。養生の丁寧さをみれが職人の腕がわかるといわれるほどです。

6コーキング(下地調整)

コーキングとはボードとボードの境界など目地と呼ばれる部分を埋めるために行われる下地処理です。この作業を怠ると、新たに塗る塗料の寿命が短くなったり、雨漏りに繋がったりするため、とても大事な工程です。また、新たに塗る塗料との相性もあるため熟練の職人がご自宅の状態をみながら最適なコーキング剤を選び作業を進めていきます。

7下塗り

下塗りは、その上から塗る塗料がうまく馴染むようにまた、より長持ちするようにさせることが目的です。職人が外壁の材質・状態を見て、適切な塗料で丁寧に下塗りを進めていきます。仕上げの色とは塗料がことなるため、しっかり下塗りができているかどうか確認することができます。

8中塗り

下塗りのあとは中塗りです。仕上がりの色の塗料を塗っていきます。中塗りだからと言って手を抜かず、塗装していきます。基本的にはローラーで進めていきますが、凹凸部分などは刷毛で1つ1つ塗ります。

9上塗り

3回目は上塗りです。中塗りと同じ色を使い作業を進めていきます。中塗りと違う色を使うと、数年後中塗りの色が表面に浮かび上がってしまうことがあります。そのため、中塗りと同じ色を使うことがポイントです。中塗りと上塗りで同じ色を使うと、塗りムラがわかりづらいのでは?という疑問もありますが、中塗りの塗料が乾燥することで、色味が若干変化するためお客様の目でも確認できます。まして本業の私たちが塗りムラを見落とすことはまずありません。

10確認作業

養生を入念にしたからといっても、飛び散りやはみ出しはどうしても発生してしまいます。そのような部分を入念に除去していきます。その際にお客様にも仕様書と問題がないかチェックしていただきます。疑問点やご質問等ありましたらどんな内容でも構いませんので、お気軽に職人までお願いします。

11足場の撤去・清掃

足場を解体し、周辺を入念に清掃します。もちらん最後まで手を抜くことは一切ありません。近所の方への完了のご報告の挨拶にも伺います。

12施工記録の受け渡し・お引渡し

最後は施工内容を詳細にまとめた施工記録を作成し、お引渡しとなります。

とってもきれいになりました!

とってもきれいになりました!